VW経営陣の世代交代促す声、強まる

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のフェルディナント・ピエヒ前監査役会会長が持ち株を譲渡して、同社の資本から撤退することが発表された機会に、VWの経営陣の世代交代を促す声も強まっている。VWの経営...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。