2017年長者番付:資産総額10億ドル以上の仏人資産家は39人

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

米経済誌フォーブスの2017年世界長者番付によると、フランス人で最高位だったのは、LVMHグループ(高級ブランド)のベルナール・アルノー会長で、資産総額415億ドル(前年比22.1%増)で11位に入った。トップ20に入ったフランス人は、ロレアル(化粧品)の創業者一族のリリアン・ベタンクール氏の合計2人だった。ベタンクール氏は395億ドル(同9.4%増)で14位だった。
資産総額が10億ドルを超えたフランス人は39人に上った。フランス人で3位以下は、ダッソー・グループ(戦闘機など製造)のセルジュ・ダッソー氏(資産総額161億ドル)、ケリング(高級ブランド)のフランソワ・ピノー氏(157億ドル)、アルティス(通信SFRの親会社)のパトリック・ドライ氏(130億ドル)、シャネル(高級ブランド)のオーナーであるベルテメール2兄弟(各118億ドル)、ラクタリス(乳製品)のエマニュエル・ベニエ氏(113億ドル)、イリアッド(通信フリー親会社)のグザビエ・ニエル氏(81億ドル)、ガボン最大の石油会社ペレンコ(Perenco)創業者の未亡人であるキャリー・ペロド氏(63億ドル)が続いた。
フランスの資産家には2代目以降が多い。39人の資産家のうち女性は4人だけで、米国に比べると女性の数が少ない。