ドイツ:難民の出身地を特定するために言語判定ソフトウェアの使用を計画

連邦移民難民庁(BAMF)の出した統計によると、2015年以来、身分証明書類を持たずに難民申請を行う人の数はおよそ60%を占める。これまでは面接での聞き取り調査で出身国を推し量っていたが、作業の迅速化...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。