オランダの総選挙、与党VVDが第1党を維持

オランダで3月15日、総選挙(下院選挙)が実施され、ルッテ首相の自由民主国民党(VVD)が議席数を減らしつつも第1党の座を保持した。投票前の世論調査では、反移民・反イスラムの強硬姿勢を打ち出すウィルダ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。