パリ首都圏、建設現場でフランス語の使用を義務付け:物議に

イルドフランス地域圏(パリ首都圏)は9日、通称「モリエール条項」を公共調達に導入すると発表した。建設現場において全作業員がフランス語を話すことを約束する企業に対して、優先的に公共工事契約を割り当てると...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。