フィヨン候補、政府の受身的対応を批判

共和党のフィヨン大統領候補は26日、自らを含む複数の候補者の選挙集会をめぐって、反対派による過激な妨害行動が頻発しており「ほとんど内戦に近い」状況が発生していると強調し、政府が受身的な態度で対策を怠っ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。