FNのマリーヌ・ルペン党首、事情聴取の召喚を拒否

極右FNのマリーヌ・ルペン党首は、架空雇用事件で警察署から事情聴取のための呼び出しを22日に受けていたが、これを拒否したことが分かった。警察署に書簡で、6月18日に総選挙が終了するまでは、いかなる召喚...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。