チュニジア:トズール県の淡水化施設が開所、ドイツが融資

在チュニジアのライニケ独大使は2月13日、トズール県(内陸部)を訪問した機会に、ドイツが2016-2018年に10億ユーロの融資を行う方針を確認した。最も融資額が大きいのが水処理関連のプロジェクトで、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。