メルケル首相、難民申請が却下された人が自主的に帰国するよう促す政策を後押し

9日、連邦政府と州政府は首相会議を開き、滞在許可が下りなかった人を速やかに出国させる政策について話し合った。具体的には、ベルリンに「出国サポートセンター(ZUR)」を設置し、連邦・州の壁を越えて出国対...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。