3種混合ワクチン入手不可の状態は違法=行政最高裁判決

行政最高裁(コンセイユデタ)は8日、18ヵ月未満の子供に予防接種が義務付けられている3種混合ワクチン(ジフテリア、ポリオ、破傷風)について、同ワクチンが市販されていない状況は不当であると認定、国に対し...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。