エンジー、米とアジアで火力発電事業を売却

仏エネルギー大手エンジー(GDFスエズ)は2月8日、米国とアジアにおいて火力発電事業の売却を完了したと発表した。売却したのは以下の事業。
▽米国では、累計設置容量8.7GWの複数火力発電所を米電力D...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。