PSA、シェアリングアプリ「Free2Move」をリリース

仏自動車大手PSA(プジョー、シトロエン、DS)は2月2日、シェアリングサービス仲介アプリ「Free2Move」をリリースした。同業他社によるサービスを含めて、自動車、スクーター、自転車のシェアやレンタルのサービスを網羅し、ユーザーに提供する。
「Free2Move」は地図上に利用可能なサービスと車両等の位置を表示、料金や条件などの情報で比較選択もできる。提携先のサービスを仲介する形となり、必要な免許証などの情報を登録しておけば、簡単にサービスを利用できる。アプリとその利用は無料で、PSAは仲介実績に応じてサービス業者から手数料を得る。
PSAは去る12月にカージャンプ(CarJump)を買収、これを母体にサービスを開始した。カージャンプには独高級車大手BMWの大株主などが出資しており、北ヨーロッパを中心にサービスを展開していた。その関係から、「Free2Move」はリリース時点でドイツ、英国、スウェーデン、イタリア、オーストリアの5ヵ国をカバー、フランスはまだ入っていない。PSAでは、自前のサービス(プジョー・レントなど)を統合しつつ、カバー地域を拡大してゆく方針。