大パリ圏環状地下鉄:初の掘削契約、ブイグが獲得

大パリ圏環状地下鉄の整備計画で、本格的な工事請負の契約先がこのほど決まった。仏大手ブイグが率いるコンソーシアムが契約を獲得した。
事業主体のSGPから、メトロ15番線となる新線のクレテイユ・レシャと...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。