トタル、CMA CGMに汚染度の低い燃料を供給へ

仏石油大手トタルは、仏海運大手CMA CGMとの間で、汚染度の低い燃料の供給に関する予備合意を結んだ。両社が発表した。契約期間は3年間。国際海事機関(IMO)は昨年10月末、船舶燃料用の重油の硫黄含有...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。