仏下院報告書、原子力発電所解体についてEDFの楽観性を指摘

仏原子力発電所の解体に関する下院の持続的発展・国土整備委員会の報告書が2月1日に公表された。原子力発電所運転事業者であるEDFの解体コスト予測が楽観的にすぎると指摘する内容となった。この報告書はオーベ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。