仏FNAC、日曜営業に関する労使合意を実現

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

仏FNAC(書籍・CD、電子製品等販売)で、日曜営業に関する労使合意が成立する目処が立った。労組CFDTによる合意承認で、合意成立に必要な過半数の賛成が得られた。
日曜営業の規制緩和では、国際観光地区(ZTI)に指定された地区内で通年の日曜営業が認められるようになったが、日曜営業を開始するには、労働条件等について定める労使合意を結ぶことが前提となる。FNACの場合、店舗ごとに労使合意を結ぶことで、これまでに全国の12店舗で通年日曜営業を開始済みだが、全社対象の労使合意の成立により、今後はZTI地区内の21店舗すべてで通年日曜営業を開始できる。合意を承認したCFDTによると、会社側はこれに伴い80人を無期雇用契約(CDI)にて採用すると約束した。