英国のメイ首相、ハードブレグジットの方針示す

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

英国のメイ首相は1月17日、欧州連合(EU)離脱に関する見解を明らかにした。単一市場・関税同盟からの離脱を含む「ハードブレグジット」を選択する方針を確認した。
メイ首相は外交官と記者団を集めた演説の機会に、方針について説明した。首相はこの中で、人の自由往来の制限による移民政策の厳格化と欧州司法裁判所の管轄下からの離脱を優先課題とすると言明。国家主権の回復と移民制限を特に要求した離脱派の主張に配慮する姿勢を明確にした。首相はその上で、市場統合の一員として留まることはできないと認め、関税同盟(EU加盟国とトルコにより形成)からも離脱する考えを示した。首相がこれらの点を明確に認めたのは今回が初めて。
首相は同時に、EUとの関税協定を別途結ぶことで、円滑な貿易取引を確保する意向を表明。これは、バリューチェーンが複雑に錯綜した自動車部門などの部門を念頭に置いた発言とみられ、部品が一旦外国に出て、加工の上で本国に戻り、最終製品が組み立てられるといた状況で関税が発生しないような枠組みを新たに作ることを目指していると考えられる。こうしたアラカルト方式の要求にEU側が応じるかどうかは微妙だが、この点についてメイ首相は、「英国を罰しようとして自らの生身をはぎ取る」ようなことはしまい、と述べている。