スワッピングの「大人のクルーズ」、静かなブームに

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ルモンド紙によれば、スワッピング愛好者なども集まる「大人のクルーズ観光」が静かなブームであるという。去る9月には、大手ロイヤルカリビアンの「アザマラ・クエスト」号がベネチアから8泊9日のアドリア海周遊クルーズ「デザイヤー・クルーズ」に出発、345組のカップルが参加した。料金は3000-1万ユーロと、同じ日数の通用のクルーズ(599ユーロから)と比べて高い。「大人のクルーズ」の世界市場規模は年間200億ドル(188億ユーロ)近くに上るという。
スワッピング愛好家向け仏サイト「Swingsy.fr」もこの種の需要を取り込むべく、旅行専門サイト「Swingsytravel.com」の立ち上げを計画。30万ユーロの資金調達に着手した。同サイトは、カップル様のみ2500組を会員として発足。招待のみでパーティを開くという手法で、売春斡旋など違法行為として追及されないよう仕組みを整えている。