仏ゴー・スポーツ、専門店を展開へ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

スポーツ用品販売の仏ゴー・スポーツは、スキーを中心とするマウンテンスポーツ用品の専門店「ゴー・スポーツ・モンターニュ」の展開に乗り出した。2年前に買収したフランチャイズ方式のスポーツ用品店チェーン「Twinner」85店を、年内に「ゴー・スポーツ・モンターニュ」に変更し、来年までにさらに30店を追加する。「ゴー・スポーツ・モンターニュ」のネットショップも設置する。
ゴー・スポーツは仏スポーツ用品市場で、デカトロンやIntersportに押され3位に低迷し、業績が不調で、2014年には事業再建に専念することを理由に上場を廃止した。それ以来、新店舗の開設、フランチャイズ契約の利用、国外事業の発展に注力し、2015年には売上高が8億4300万ユーロと4%の増収に転じ、2016年も前年並みの増収を見込んでいる。利益などは発表されていないが、3年来で目立った改善がなされたという。新規開店の110店のうち80店はランニングシューズ販売店の「クリール」で、投資が少なくて済むフランチャイズ契約を通じた出店を行っている。デカトロンは自社ブランド品が多いが、ゴースポーツでは自社ブランド品を取扱商品の28%とし、多様なブランドを取扱う戦略を採用。また値引きも強化した。一部の店には「クイックシルバー」や「オックスボウ」などのライフスタイル・ブランドのコーナーを設置し、増収を実現した。