ラガーフェルト監修の高級ホテル、マカオにオープンへ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

カール・ラガーフェルトが高級ホテルの展開に乗り出す。ラガーフェルト氏のライセンスビジネスを統括するカール・ラガーフェルト・グループが発表した。
手始めに、2018年初頭をめどに、マカオに超高級ホテルを新設。このホテルは、マカオのSJMグループ(カジノ経営)から2014年になされた協業の提案に応じる形で、リスボア・パラス・コンプレックス内に建設される。次いで、ブランドマーク・コレクティブ社(オランダ籍)と結んだ長期ライセンス契約の枠内で、ラガーフェルト氏監修の高級ホテルの展開に着手。進出先はまだ決まっていないが、ニューヨークなど世界の大都市やカリブ海のリゾート地などの立地を物色しているという。ホテルはコンセプトをラガーフェルト氏が手掛け、運営は高級ホテルグループに委託する。
ラガーフェルト氏は、高級ホテルの分野では、現在改装中のパリのクリヨンのために新スイート2室のプロデュースを手掛けたり、モンテカルロ(モナコ)のメトロポールのプール、レストランなど改装のデザインを担当するなど実績がある。