チュニジア:クルーズ船がチュニスに寄港、テロ事件以来1年半ぶり

ドイツ籍のクルーズ船「オイローパ」が10月6日、チュニス港に寄港した。チュニジアをクルーズ船が訪れるのは、2015年3月に発生したチュニスのバルド美術館を狙ったテロ事件(外国人観光客21人が死亡)以来...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。