司法近代化法案が可決

下院は12日、司法近代化法案を最終的に可決した。裁判所の任務の軽減につながる一連の措置の導入が決まった。
まず、サルコジ前大統領時代の2011年に導入された未成年刑事法廷の廃止が決まった。同法廷は、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。