仏検察、大学病院に対して石綿問題で罰金刑を要求

仏検察は9月29日、ブザンソンの大学病院に対し、施設内で石綿が発見されたにも関わらず4年以上にわたって対策を怠り、従業員を意図的に危険に晒したとして、6万ユーロの罰金を求刑した。11月30日に判決が下...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。