パリモーターショーのスターはEV

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ルモンド紙によると、10月1日から16日まで開催されるパリモーターショーのスターはEVだという。70前後のモデルが出品され、パリモーターショーの歴史でEVの割合が過去最高に達する見通し。特にディーゼル車の排ガス不正問題で自動車市場に大きな波紋を投じた独フォルクスワーゲン(VW)が今回のショーでフルEVを披露することが注目されている。
EVは新車市場で最も成長が著しいセグメントで、2015年に世界市場で70%増、仏市場では63%増を記録した。人気車種では、「ルノー・ゾエ」の世界販売台数が75%増の1万8700台に達し、「テスラ・モデルS」も60%増の5万350台を記録した。モビリティサービスの発展も追い風となり、EVの本格的な飛躍が見込まれる。ただし、自動車市場全体に占めるEVのシェアは世界で0.6%、フランスでも0.9%とまだ微々たるものにすぎない。価格の高さと航続距離の短さが普及の障害として指摘されている。