ビオUV、バラスト水管理条約発効で事業機会に期待

バラスト水管理条約が2017年に発効する。仏中小企業ビオUV(Bio-UV)はバラスト水処理装置で既にIMO(国際海事機関)などの認証を得ており、条約発効に伴い大きな事業機会を獲得できると期待している...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。