大きな爪痕を残したオルキルオトEPR計画

9月20日付の仏リベラシオン紙は、フィンランド・オルキルオト原子力発電所で仏原子力大手アレバが進めているEPR(欧州加圧水型炉)建設計画に関する特集記事を掲載した。プロジェクトはアレバと独シーメンスが...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。