ベルリン市議会選挙:移民政策への不満反映した結果に

18日、ベルリン市議会選挙が行われた。投票率は前回の2011年の60.2%に比べて今回は66.9%に上がり、市民の政治への関心の高さが示された選挙となった。
予想通り社会民主党(SPD)が第一位であ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。