GEヘルスケア、仏工場でマンモグラフィー生産ラインを開所

米産業大手GE傘下のGEヘルスケアは9月15日、仏ビュク工場(イブリーヌ県)において、新型マンモグラフィー(乳がん早期発見のためのX線撮影装置)「Senographe Pristina」の生産ラインを...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。