EDFの従業員代表、フェッセンハイム原子力発電所閉鎖問題について外部監査を決定

仏電力大手EDFの企業中央委員会(従業員代表により構成される機関)は9月14日、仏フェッセンハイム原子力発電所(オーラン県)の閉鎖問題について、3件の外部監査を求めることを決定した。同原子力発電所が閉...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。