遠隔診療用キャビン開発のH4D、670万ユーロを調達

遠隔診療用のキャビンを開発する仏H4Dはこのほど、670万ユーロの調達に成功した。株主のAtogaに加え、Innovation Capital、BPIフランス(公的投資銀行)、仏生保大手CNPが出資し...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。