スペイン:世銀理事の指名巡りスキャンダル、国民党政権発足の可能性遠のく

世界銀行のスペイン代表理事人事が、スペインでスキャンダルに発展した。政府が指名したマヌエル・ソリア前産業相は結局、6日に就任を断念した。
ソリア氏は、いわゆる「パナマ文書」事件で疑惑報道がなされたこ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。