ポール・ボキューズ、ホールディングの64%を掌握

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ポール・ボキューズが展開してきたレストラン・ブラスリーを傘下におさめるホールディング「ポル・デヴロプマン」の株主構成が変わり、ポール・ボキューズとその子息のジェローム・ボキューズが64%を掌握した。投資ファンドNaxicapが撤退した機会に、その保有株式38%を買収した。ポール・ボキューズは現在90歳。ジェローム・ボキューズ(47歳)は米国でビジネスとホテル経営関連の教育を受け、2006年にはフロリダ・ディズニーワールドのレストラン事業(ポール・ボキューズとガストン・ルノートルが開設)を買い取り、以後10年間で売上を3倍増(2015年に3600万ドル)させる手腕を見せた。「ポル・デヴロプマン」はリヨン市内・周辺で6つのレストラン・ブラスリーを経営し、2015年の総売上は2700万ユーロ、従業員は240人。リヨンでは今夏、レブロトー地区にタパス・バーをオープンした。