仏国内で事業を展開するアグリゲーターは現在約10社

仏国内では、2016年1月1日より、設置容量が500kWを超える太陽光施設、バイオマス、地熱発電施設について、電力固定価格買取制度が廃止された。これまでは、電力大手EDFが固定価格(タリフ)で電力を買...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。