原子力・医療従事者の被ばく量、前年並み

IRSN(放射線防護原子力安全研究所)の年次報告書によると、原子力および医療部門などの従事者による2015年の平均放射線被ばく量は0.17ミリシーベルトだった。前年の0.16ミリシーベルトとほぼ同じ水...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。