公共部門のニュース専門局「フランスアンフォ:」が開局に

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ニュース専門テレビ局「フランスアンフォ:」が9月1日に開局する。地デジ無料局として第27チャンネルで放送される。
「フランスアンフォ:」は、国営2社フランス・テレビジョンとラジオ・フランスなどが協力して設立。既存のニュース専門ラジオ局「フランスアンフォ」、同局のニュースサイトのリニューアル、そして新規開設の地デジ局によるマルチチャネルのニュース配信サービスとして展開する。
公共部門のニュース専門テレビ局の設立は、2002年の時点で当時のジョスパン左派内閣の下で計画が進められたが、同年の政権交代で没になったといういわくつきのプランであり、オランド政権がこれを遂に実現したことになる。2002年には、当時に注目度が高かったニュース専門局LCI(TF1傘下)が保守系であることに対抗するべく、ジョスパン左派内閣が公共部門のニュース専門局設立を構想したが、地デジ時代の現在では、無料局のBFM-TVがニュース放送では大手で、そのセンセーショナルな報道姿勢は時に批判の対象となっている。オランド政権は2017年の大統領選挙に向けて、BFM-TVの影響力を削ごうという下心もあり、新局の開局を決めた。地デジ無料局では、BFM-TVにiテレという2局、そして、この秋からLCIが地デジ化し、さらに「フランスアンフォ:」の参入と、にわかにニュース報道部門が賑やかになった。