犬は言葉の意味と抑揚を区別可能

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

犬には言葉の意味と抑揚とを区別して理解する能力があることを示す研究結果がこのほど発表された。ハンガリー・ブダペスト大学のアッティラ・アンディクス(動物言語)らがサイエンス誌上で研究結果を公表した。
この研究では、犬をMRI(核磁気共鳴画像法)検査機の中で待機できるよう訓練した上で、犬を褒めるときに使う肯定的な単語と、その犬が知らない無意味な単語(「しかし」といった単語)を、褒める口調と中立的な口調の両方で飼い主に発音してもらい、脳内のどの部位が活性化するかを調べた。その結果、犬にとって意味がある単語が発せられた場合、口調がどのようであっても人間では左脳の言語野に当たる部分が反応することが、また、褒める口調を聞くと、必ず右脳の感情野が反応することが判明。さらに、褒める口調で褒める言葉を言われたときに限り、いわゆる快楽中枢が反応することが分かった。これらの結果は、犬が言葉の聞き分けと抑揚の把握を別々に行い、言葉を判別した上で反応していることを示している。
また、この結果は、脳のハードウェアという点で、言語能力が人間に固有のものではないことを示してもいる。犬と人間の共通の祖先は1億年ほど前に遡るが、そこから分化したかなり幅広い動物の間で、言語に関する脳の機能に共通の基盤があることを今回の研究結果は示唆しており、言語に類する手段の「発明」は、必ずしも人間には限られないとも考えることができる。