仏ではまだ知名度が低いリラックスドリンク

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

気分を鎮める効果があることを謳ったリラックスドリンクがフランスでも出回り始めている。ハーブ類をベースにするリラックスドリンクは、刺激成分が入ったエナジードリンクの真逆の飲料で、「スローカウ」、「Marley’s Mellow Mood」、「Bee Zen」などが販売されている。2008年創業のカナダ・ケベック州の「スローカウ」は2015年からフランスへの進出を開始、大型食品小売の仏オーシャンの革新的商品コンクールで選ばれ、1年間の間全てのオーシャン店で取扱われるという権利を得た。「スローカウ」は仏市場の後、米国市場への参入を計画している。「Marley’s Mellow Mood」はジャマイカのレゲエ・ミュージシャンの故ボブ・マーリーのライフスタイルを狙ったマーリー・ビバレッジ社の商品で、マーリー家のメンバーも同社資本を保有している。「Bee Zen」は2014年にアルザスで創業したスタートアップ企業が商品化しており、2015年夏以来で5万本を販売した。販売は仏東部に限られているが、2017年には仏全土での販売を目指している。
フランスではリラックスドリンクをエナジードリンクと思っている消費者もまだ多く、知名度を上げる必要がある。