収監施設の飽和問題、政府が労組と協議

オランド大統領とユルボアス法相は7月26日、収監施設の職員労組の代表らと会談。収監施設の飽和状態について対策を協議した。
7月1日時点で、国内の収監者数は6万9375人に上り、定員の5万8311人を...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。