仏国会、生物多様性法案を可決

仏下院は7月20日、生物多様性法案を最終的に可決した。2年半の国会審議を経てようやく可決に至った。
法案の目玉は、生物多様性庁(AFB)の新設で、動植物層の保全に向けた取り組みを効率的に進める狙いが...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。