ロシア政府、北極海の炭化水素開発に注力

ロシアのロゴージン副首相は最近、国益と国民的アイデンティの擁護という見地から北極海の資源を重視し、その探査に必要な新技術の開発に2000万ドルを投じる方針を明らかにした。ソ連の崩壊以後、北極海の開発は...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。