ドイツ:シリア難民の半数以上、滞在許可は下りても家族呼び寄せできず

連邦移民・難民庁(Bamf)によると、今年の6月中に難民申請を行ったシリア出身者は2万3000人に上った。その内45.4%が応急処置的保護の対象者としてドイツでの滞在が認定されるが、家族を呼び寄せる権...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。