ユネスコ、ルコルビュジエ設計の建物の世界遺産登録を決定

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ユネスコの世界遺産委員会は7月17日、フランス・スイスの建築家ルコルビュジエが設計した17件の建物を世界遺産に登録することを決定した。17件の建物はフランス、スイス、インド、ベルギー、アルゼンチン、ドイツ、日本(国立西洋美術館)の7ヵ国に所在しているが、そのうち10件はフランスに集中している。マルセイユの「輝く都市」、ロワール県の「フィルミニの建築群」(文化会館、住宅、競技場、プール、教会など)などがその代表として挙げられる。2回の登録申請を経て、3度目の挑戦で登録に成功した。