オランド大統領、マクロン経済相問題でひとまず現状維持

オランド大統領は7月14日、革命記念日の機会にテレビインタビューに答えた。大統領はこの中で、マクロン経済相について質問を受け、閣僚には団結して政策運営の成果を擁護する義務があると言明。経済相をけん制す...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。