イスラム過激派テロ事件:行政裁、「犯人の監視を打ち切ったのは誤り」と認定

ニーム行政裁判所は12日、情報機関がイスラム過激派テロ犯モハメド・メラの監視を打ち切ったのは誤りだったと認める判決を下した。メラに殺害された被害者の訴えを認めて、損害賠償の支払いを国に対して命じた。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。