アルプス地方のアイベックス、ブルセラ症対策で地元に対立

アルプス地方のバルジー山脈(オートサボワ県)で、野生動物アイベックスを巡る対立が続いている。農業生産者が駆除を求めており、環境保護派と対立している。アイベックスは野生のヤギの一種で、大きな角に特徴があ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。