ネスプレッソ、大型カップ向けの新型マシンを投入

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

エスプレッソマシンのネスプレッソ(スイスのネスレ傘下)はこの10月に、大型カップに対応した新型マシン「ビルチュオ(Virtuo)」をフランス市場に投入する。顧客層の拡大を狙う。
ネスプレッソは、大型カップ向けのマシンを2年前から米国市場に投入している。これは2種の大きさのカップに対応したものだが、フランス市場に投入の新製品は3種に対応している。1年以内には、超大型カップ(420ml)に対応した製品も投入する。マシンの本体価格は249ユーロ(歳末セール期間中は199ユーロの割引価格で販売)。コーヒーカプセルは、通常よりわずかに大きいカップ向けで45ユーロセント、150mlのカップで50セント、230mlのマグカップで60セントに設定される。
フランスでは、77%の人が「朝食にはエスプレッソは飲まない」と回答している。朝食向けの大型カップで飲むコーヒーの需要を切り崩せたら、エスプレッソマシンの市場規模はさらに大きくなることが期待できる。ネスプレッソの狙いはもう一つ、カプセルの特許問題にあると見られる。フランスでは、競争当局の命令により、ネスプレッソはマシン改良のたびに互換カプセルのメーカーに技術仕様文書を開示することが義務付けられている。しかし、新開発のビルチュオにはこの義務は適用されないことから、互換カプセルの台頭を当面は妨げることが可能になる。