パリ市、旧型車の交通制限を開始

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

パリ市は大気汚染対策の一環として、汚染度の高い旧型の自動車の交通制限を7月1日から導入した。制限の対象となるのは、1997年1月1日よりも前に新車登録された乗用車、1997年10月1日よりも前に新車登録された小型商用車、1999年6月1日よりも前に新車登録された二輪車で、平日の8時から20時まで市内の通行を禁止される。警察車、救急車、消防車などは禁止から除外される。違反者には35ユーロの罰金が科されるが、実施は10月以降とし、それまでの移行期間中は違反者に注意や説明を行う。
また、市当局は自家用車の利用自粛を促すために、一連の補助金を提供している。公共交通機関の定期券購入代や、自転車レンタルサービス「ベリブ」やEVシェアリングサービス「オートリブ」の使用料を市当局が部分的に負担するなどの措置により、自家用車の利用を放棄するドライバーを支援する。また、運転免許を取り立ての若者を対象とするオートリブ使用料の補助金で、自家用車の購入を控えるよう促す。