ブルンジ:昨年の経済成長率はマイナス7.4%、危機が直撃

内戦(1993-2006年)後の復興が順調に進み、数年前から年間平均4.5%程度のGDP成長率を達成していたブルンジ経済は昨年以降、ヌクルンジザ大統領の三選を巡る危機の打撃を受けている。
国際通貨基...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。