FAO、アフリカ6カ国でトリパノソーマ症対策を支援

国連食糧農業機関(FAO)はアフリカ6カ国(マリ、ブルキナファソ、ガーナ、エチオピア、ケニア、ウガンダ)で、トリパノソーマ症を後退させて食料安全保障を改善することを目指すプロジェクト(2016-201...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。