マリ:マラリアで年間2000人近くが死亡

マリでは2015年に236万9245人のマラリア患者が確認され、うち1978人が死亡した。トーゴ保健・公衆衛生相が4月25日発表した。
国立保健研究所(INRSP)によると、マラリアによって生じる経...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。